歯と健康長寿の関係

歯と寿命は関係ないように見えますが、歯は健康寿命とは密接に関係しています。健康寿命とはその名の通り、健康で生きていられる寿命のことです。歯で例を挙げるなら、歯が全部抜けてしまって美味しい食べ物を味わえなくなってしまったら健康ではなくなるでしょう。

インプラントと入れ歯の違い

顎骨に固定して支えるインプラント

インプラントは、器具を顎骨に埋め込み自立させる方法です。そのためインプラントは、周りの歯に負担をかけずに使用することができ、また手入れに取り外しが不要で、ブラッシングを行えば大丈夫です。

周りの歯に支えてもらう入れ歯

入れ歯は、器具を周りの歯に被せることで周りの歯に支えてもらいます。取り外し可能なので、使わない時に取り外し、洗浄液で殺菌消毒するのが一般的です。しかし、ブラッシングには弱いです。

信頼できる歯医者を見つけよう

歯の治療において、特にインプラントは生涯使い続ける器具です。また、インプラント治療にはオールオン4というものもあり、実績と腕が試されます。さらに、歯は意外と外から見えてしまうので、見た目も重視しなければなりません。治療後に後悔がないよう、腕を信頼出来る歯医者に治療してもらいましょう。

オールオン4治療の流れ

院内

まずはカウンセリング

通常の病院と同様、オールオン4もまずは診察から始まります。そして診察と患者の希望を聞いて、どんな治療を行うか、そして人工歯の大きさや形などを決定します。オールオン4の場合、治療のほとんどがインプラントです。

最初は仮歯を取り付ける

永久に使い続ける人工歯をつける前に、まずは仮歯を付けます。顎にドリルで穴を開け、インプラントを埋め込み、その上に仮歯を取り付けるというのが、一度目の手術です。この手術は約三時間かかり、このあと口の状態が安定するのを待ちます。

永久に使う人工歯に付け替える

仮歯を取り付ける手術を行ってから約半年経つと、口の状態が安定するので、そのタイミングで人工歯の付け替えを行い、この手術はすぐに終わります。人工歯を付け替えればインプラントの施術自体は終了ですが、その後も定期的なメンテナンスを行ってもらえます。

インプラント治療で健康長寿を伸ばそう!最新治療を要チェック

医療器具

オールオン4治療のメリット

オールオン4は、部分的に自然の歯を残しておくよりも自然に見えるという利点があります。インプラントは自然の歯と違って黄ばむことがほとんどなく、白さを維持するので、逆にインプラントと自然の歯が入り交じっていると不自然に見えてしまいます。オールオン4は全ての歯をインプラントに変えてしまう治療方法なので、すべての歯がずっと白いままです。
またオールオン4では、人工歯が12本ついた一つの器具を装着するので、埋め込むインプラントの数が少なくて済みます。普通のインプラント手術では、ひとつの人工歯にひとつのインプラントが必要ですが、オールオン4は12本の人工歯にインプラントは4本で済みます。そのため体への負担も少ないですし、費用も安く抑えることが可能です。